第39回日本口腔インプラント学会中国・四国支部学術大会

演題登録

ただいま準備中です。
もうしばらくおまちください。

演題募集

参加登録|第39回日本口腔インプラント学会中国・四国支部学術大会

・演題登録期間:2019年6月14日(金)~8月5日(月)
一般口演 、ポスター発表

発表者の資格

本学会の発表者(共同演者を含む)は、本学会会員に限ります。非会員の方は、公益社団法人日本口腔インプラント学会事務局にお問合わせいただき、入会手続きをお済ませください。

発表形式

  • 発表形式は、口頭発表とポスター発表です。
  • 口頭発表は、一般口演の1種類です。
  • 発表言語は原則として日本語とします。ただし、外国人の発表者の場合に限り英語での発表も認めます。その場合は抄録も英語で記載してください。
  • 口頭発表を希望された場合でも、応募多数の場合や内容により、ポスター発表に移っていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。

各発表についてのルール

発表に関しては以下の申し合わせに従ってください。

  • 発表の内容は、本部学術大会および支部学術大会あるいは他学会で発表済みあるいは発表予定でないものに限ります。
  • 抄録が採択された後には演者の変更をすることは認められません。発表予定者が事情(病気、忌引き、大学公務等)により学会に参加できない場合にのみ、共同演者が発表を代行することができます。その場合には事前に理由書を学会事務局に提出し、了承を得てください。その場合の変更は、主演者の実績にはなりませんが、発表の実績は認めます。共同演者や代理の者がいなかった場合で事前理由書を提出して了承を得ている場合は、主演者の実績も発表の実績にもなりません。ただしこの場合は1 年間の発表禁止の規則は適用されません。理由なき演者変更の場合や指定時間までにポスター掲示がなされていない場合には演題取り下げとなります。この場合、その後の本部学術大会および支部学術大会における発表を1年間許可しません。
  • 抄録の採択後に発表を取り下げることはできません。共同演者がある場合には必ず代わって発表を行ってください。単独の場合には、発表ができない理由を文書で理事長宛に事前に送付して、許可を得てください。この手続きを経ずに取り下げた場合、あるいは学会当日に発表されなかった場合には、その後の本部学術大会および支部学術大会における発表を1 年間許可しません。
  • 口頭発表(一般)とポスター発表では同一発表者は併せて1演題のみになります。

1)抄録について

※平成31年3月20日に一部改正しました。

  • 所属の記載について、賛助会員に限り所属の企業名を記載できるようになりました。
  • 抄録作成チェックリストを大項目ごとに作成しましたので、該当のチェックリストをご確認ください。
  • 抄録の作成に際しては、学会ホームページの学術大会抄録の書き方のページに掲載されている「抄録作成時の注意点」「抄録サンプル」「抄録作成チェックリスト」「用字用語規則」をよく読んで、それに従ってください。
  • 投稿された抄録は査読委員会が査読し、受理あるいは修正、不受理の判定をします。
  • 抄録のタイトルに商品名は使用できません。
  • 動物実験については、所属機関の倫理委員会の承認を受けていることを明記してください。
  • 臨床試験においては、被験者の同意を得ていることを明記してください。
  • 抄録内容の不適正ならびに記載要領を満たしていない場合は、査読委員会の判定をもって修正を依頼する場合があります。なお、変更が適切に行われなかった場合には、採択できない場合もありますのでご了承ください。
  • 事後抄録は後日会員マイページに掲載します。大会終了後翌年にWEBに掲載されます。
  • 抄録が受け付けられた後の、演者ならびに発表内容の変更はできません。

2)一般口演(口頭発表)について

・発表日時(予定):11月17日(日)11:00~12:00
・発表時間:10分(発表 7分、質疑応答 3分)

【下記項目より大項目および小項目を選択してください。】
大項目
A:基礎的研究(動物実験等)、B:臨床的基礎研究(模型実験、有限要素解析等)、
C:臨床研究(臨床統計等)、D:症例報告、E:臨床での提案・工夫

小項目

  • 術式、外科処置
  • 骨誘導、骨造成、GBR
  • サイナスリフト、ソケットリフト
  • 歯の移植・再植
  • 再建外科
  • 検査、術中管理、モニタリング、麻酔、術後管理
  • シミュレーション、ガイド・サージャリー
  • 診査・診断
  • 偶発症
  • 高齢者、有病者、特異疾患
  • 臨床統計、疫学、社会歯科
  • チーム医療、インターディシプリナリー治療
  • 矯正
  • インプラント術前の歯科治療
  • 上部構造の設計、製作、技工
  • デジタル歯科
  • 審美
  • オーバーデンチャー、アタッチメント
  • 即時埋入、即時荷重、早期荷重
  • 咬合、咀嚼
  • 顎補綴
  • メインテナンス、SPT
  • インプラント周囲炎
  • 軟組織、インプラント周囲組織
  • 解剖、オッセオインテグレーション
  • インプラント材料、バイオマテリアル
  • 生体力学
  • 先進的再生医療

3)ポスター発表について

・討議日時(予定):11月17日(日)13:10~13:40
・討議時間:6分(発表 4分、質疑応答 2分)
ただし、演者は、ポスター発表終了後も討議時間内はポスターの前に待機し、質疑への対応を行ってください。
【大項目および小項目の選択については、2)一般口演(口演発表)と同様に上記項目から選択してください。】

その他発表に関する注意事項

  • その他、発表に関する事項や詳細につきましては、ホームページ上にてご案内させていただきます。
  • 学会発表(一般口演、ポスター発表)における抄録は事前抄録のみとなっております。

演題申込方法

  • 抄録の記載内容は、演題名、発表者氏名(演者に◯)、所属を和文および英文で記載し、本文は和文あるいは英文にて800字程度でお書きください。
  • タイトルには未承認材料名や固有施設名は認められません。
  • 動物実験については、倫理委員会の承認(承認番号含む)を受けていることを抄録に記載してください。
  • 臨床研究においては、倫理委員会の承認(承認番号含む)ならびに被験者の同意を得ていることを抄録に記載してください。
  • 発表者の数は原則8名までとし、他施設にわたる疫学調査研究のみ12名までとします。
    (ただし、同一大学内での複数教室・講座は多施設には含みません)
  • 本文は文字のみとし、文字数は本文800字程度(明朝体・10.5ポイント、20×40字、英語はTime NewRoman(半角))とし、図や写真は含みません。句読点は全角のピリオド〔.〕とコンマ〔,〕を用いてください。
  • 事前抄録は事務局までメール添付又はUSBメモリー等でお送りください。
  • 連絡先(住所・電話・FAX・E-mail)を明記ください。
  • 原稿を確認しましたら、受け取りのメールを連絡先のメールアドレスに送信致します。もし原稿を送信して1週間経過後も確認メールがない場合には、お手数ですが運営事務局までお問い合わせください。

【送付先】

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-8-30 天神西通りビジネスセンター6F
株式会社エス・ティー・ワールド コンベンション事業部内
日本口腔インプラント学会第39回中国・四国支部学術大会 運営事務局
TEL:092-288-7577  FAX:092-738-3791
E-mail:jsoi39chushi@stworld.jp

演題登録についてのお問い合わせ先

日本口腔インプラント学会第39回中国・四国支部学術大会 大会事務局
済生会西条病院歯科口腔外科
TEL:0897-55-5463

ページトップ